特定の短時間調査でも浮気調査してくれます。

 

探偵への浮気調査依頼は基本的に特定の短時間でも問題ありません。特定の短時間に依頼することでどのようなメリットがあるかというと、その時間の分の調査料金だけ支払えばいいようになるので、調査料金がお得になることや、ピンポイントでパートナーが浮気していそうなタイミングで調査を入れられることなどがあげられます。

 

ただし、どこの探偵事務所でも特定の短時間調査を受け付けているわけではないので、まずは依頼する前にその事務所の対応を調べたり、問い合わせたりしてみるのがいいでしょう。

 

会社帰りから終電までで、食事〜ホテルというデートもある

 

会社に通勤している人が浮気をする場合、怪しいのは会社帰りから終電までの時間となります。なにしろ朝起きてから会社を退勤するまではほとんど仕事とその準備に追われるわけですし、浮気をしている暇などありません。また同居している場合はパートナーが家にいる間は依頼者本人がパートナーの動向を見張っていればいいので、ますます会社帰りから終電までの時間しか浮気はできないわけです。

 

早く会社から退勤することができれば終電までの時間を使い、食事〜ホテルという浮気のデートプランを実行することもあります。ホテルに二人で入るところを撮影できれば肉体関係があることを示す決定的な証拠になるため、確保できれば離婚や慰謝料請求を行うことになった時に有利になります。食事だけでも浮気の疑いを強めることができるので、調べておくにこしたことはありません。

 

浮気を確信してからの依頼の方が良いが・・・

 

探偵事務所へ特定の短時間の調査を依頼する時は浮気を確信してからの方がいいです。なぜなら浮気をしているのかどうかよくわからないままに調査を任せると証拠をつかんでくるまでに時間がかかる可能性がありますし、そもそもパートナーが浮気をしていないことがわかり、お金の無駄になることも考えられるからです。もちろんパートナーが浮気をしているのかどうかわからないままモヤモヤしているのも精神的に辛いので、調査に時間がかかったり、最初からパートナーが浮気をしていなかったとしても探偵に依頼する意味はありますが、浮気を確信してからの方が浮気の証拠はつかみやすいことを意識しておくといいでしょう。

 

なぜ浮気を確信していると証拠がつかみやすいかというと、浮気を確信していれば「相手がいつ浮気をしているのか」ある程度予想がつくからです。予想がつけば後はその日・時間を重点的に調査することができるので、調査が効率的に進みます。

 

1日では分らないかもしれないが、とりあえず1日というのもおすすめ

 

探偵の特定の短期間調査ではたとえば「1日だけ」の調査も可能です。1日だけの調査なら調査対象が遠くに行ったりしない限り、経費が安く済むので、10万円もかからずに依頼することができます。しかし、当然ながら1日だけの調査では浮気しているかどうかわからないこともあります。浮気していそうな日がわかればまだ見込みはありますが、それでも確実に浮気するとは限りませんし、急に予定が変わることも考えられます。

 

初めて探偵に依頼する場合はどのような風に調査が行われるのかわからないので、お試しという意味で1日依頼をするのもおすすめです。それで運よく浮気の証拠が押さえられれば儲けものですし、証拠こそ押さえられなくてもパートナーの行動パターンを少しでも把握できるので、まったくの無駄ではありません。

 

後で追加調査依頼をしても良いので、相談してみよう。

 

特定の短時間調査を探偵に任せた後、希望するのであれば追加調査依頼を出すこともできます。たとえば、最初の調査で浮気の疑いを強めたり、「調査を続行すればすぐに証拠をつかめそうだ」という状況だったりすれば、追加調査依頼を出す意味が大きいです。この場合は利用している探偵事務所に相談してみるといいでしょう。

 

ただし、追加調査依頼をするということはその分、またお金がかかるということなので、予算が大丈夫かどうかしっかりと確認しておいてください。追加調査依頼後、さらに追加で調査を依頼するケースも想定しておくといいでしょう。