怪しい日や行動パターンが分かるなら調査費用は抑えられる

 

不貞行為の証拠の入手のために探偵事務所を利用する際に料金を安くする方法についてですが、たとえば怪しい日やパートナー・浮気相手の行動パターンが分かっていれば調査費用はかなり抑えられるようになります。というのも、それらのことが分かっているのであれば、不貞行為をしそうな時だけ探偵に調査を任せ、それ以外の時は調査を行わなければいいからです。探偵事務所の調査は契約内容にもよりますが、定額ではなく調査にかかった日数・時間や経費の分だけ料金がかかるので、調査日数・時間を縮めることでその分安くなります。

 

どの程度の証拠が有効かは探偵は熟知している

 

不貞行為の証拠はどのようなものが有効かについては探偵はやはりその道の専門家であるだけに熟知しています。そのため、依頼する時に依頼者が証拠についての知識を身につけ、それに応じた細かい指示を出さなくても大まかな希望さえ伝えれば(たとえば「別れるための証拠が欲しい」、「慰謝料請求するための証拠が欲しい」等々)探偵は適切に動いてくれます。

 

基本的に不貞行為の証拠として有効なのは肉体関係があることを示す証拠です。肉体関係を証明できなければ裁判で不貞行為と認められないので、その後の交渉を有利に進めるためにも肉体関係の証拠はあった方がいいです(もちろん肉体関係がなく、そもそも浮気もしていないという調査結果になるのが一番ですが)。そのため、探偵は不貞行為の証拠を集めるとなれば第一に肉体関係の有無を確かめようとします。

 

複数回の浮気の証拠と浮気相手の住所など調査項目が多いと費用はかさむ

 

調査項目が多いと当然その分だけ調査にかける期間や時間が長くなるので、費用もかさんでいきます。まとめて調べられる性質のものや偶然1つのことを調べたら複数のことがわかったというケースもありますが、そう都合よくいくことばかりではないので、予算と相談して調査項目を決めていくようにしてください。

 

しかし、多くの項目を調査すればするほど有力な証拠が集まり、後々の交渉や裁判などに役立つことも間違いありません。特に複数回の浮気の証拠は不貞行為に及んだことを示す決定的な証拠ですし、浮気相手の住所は慰謝料請求の手続きをするのに必要な情報です。裁判を起こしてできるだけ多くの慰謝料を請求する気でいるのならこれらの調査は必須でしょう。

 

調査費用や慰謝料との損得なども相談できるので探偵に相談してみよう

 

探偵には依頼に関わるさまざまな点を相談することができます。たとえば調査費用ですが、事前に問い合わせることもできますし、カウンセリングや見積り時にはより細かく相談することもできます。足元を見られるかもしれないと不安に思う人もいるかもしれませんが、優良な探偵であれば依頼者にとって一番格安で証拠もつかめる調査方法を一緒に考えてくれるので、安心です。

 

それから慰謝料請求をするつもりであればその相談にも乗ってくれます。誰に慰謝料請求ができるのか、またどのような証拠があればいいのか、どれくらいの金額を請求できるのか、調査費用と差し引きして損得はどうかといったことまで、気になることは何でも聞いてみましょう。

 

無料相談できるが、信頼できるところに相談するようにしましょう。

 

弁護士とは違い、基本的に探偵への相談はすべて無料です。というのも、弁護士は相談自体が仕事な面もあるので費用がかかりますが、探偵への相談は最終的に契約を取ることを目的にしているからです。しかし、だからといって何度も長時間相談するのは事務所に迷惑がかかるので、できるだけ早く理解する努力はするべきです(もちろん不安や疑問を残したまま契約を結ぶのはよくありませんが)。

 

相談先は信頼できる探偵事務所にするのが望ましいです(たとえば原一探偵事務所など)。なぜかというと、信頼できる探偵事務所なら相談の際に嫌な顔ひとつせず丁寧に相談者を対応してくれるからです。相談する時にあらかさまに態度が悪かったり、説明不足だったりしては気分が悪いですし、安心して調査を任せることができません。

 

信頼できる探偵事務所は公式ホームページなので「お気軽にご相談ください」といったように相談しやすい呼びかけをしているものなので、参考にしてみてください。