浮気調査は1日だけの依頼もやってくれます

 

基本的にどこの探偵事務所でも1日だけの浮気調査の依頼は可能です。1日だけなら調査料金も1日分しかかからないので、かなりの格安で依頼できることになります。探偵の調査は本格的に頼むと高額になることも珍しくありませんし、こういった安く済む依頼テクニックを知っておくことは重要でしょう。

 

しかし、1日だけの依頼では得られる情報が限られてくることも理解しておいた方がいいでしょう。浮気調査となると本当に浮気をしていそうかどうかの確認、また浮気の証拠の確保が目的となりますが、証拠までは見つけられないことも珍しくありません。

 

1日だけ依頼し状況に応じて追加調査依頼をするのも良い

 

1日だけ依頼し、その内容で満足すればそこで探偵の利用をやめることもできますし、逆にもっと調査したいとなれば追加調査を依頼することもできます。たとえばこのまま調査を続ければ浮気の証拠をつかめそうな状況であれば追加調査を依頼する意味も大きいです。もちろん追加調査をしても確実に浮気の証拠がつかめるとは限らないので、予算と相談しながら依頼するかどうかを決めましょう。

 

もし浮気している日や時間がある程度わかっているのであれば、そのタイミングに合わせてピンポイントで探偵に調査を依頼するのがいいでしょう。探偵に依頼する時は連日で調査を任せなければならないわけではないので(たとえばパートナーの行動を依頼者自身が把握している日や時間に調査を任せる意味はないわけです)、1日だけの調査でも追加調査でも怪しい日・時間だけをピックアップする方が効率的で、料金的にもお得になります。

 

時間制で料金が決まっている探偵は安くて安心

 

探偵事務所の料金形態には時間制と日数制の2つがあります。時間制であれば1時間ごとに所定の料金がかかり、日数制であれば1日ごとに所定の料金がかかるようになっています。時間制のメリットは無駄な調査時間に対して料金を支払わずに済むことです。日数制の場合、1時間だけの調査でも所定の同じ料金を支払わなければならず損ですが、時間制であれば1時間なら1時間分の料金だけで済むので、格安です。

 

特に1日のうち浮気をしている時間が限られている場合、時間制のメリットが大きく発揮されることになります。なにしろ浮気をしている時間帯だけ調査を任せればいいわけなので、1時間の無駄すらなく浮気調査を行うことができます。

 

ただ探偵事務所によってはまとまった日数の調査を任せることで利用できるパック料金を扱っているところもあり、その場合は割引されているので、必ずしも高額の調査料金にはなりません。

 

会社帰りだけとかの調査なら10万円以下で済むことも

 

会社に行っている間は常識でとらえれば浮気をしていないことになります(仕事の内容次第ではそうとも限りませんが)。そのため、会社帰りだけに浮気調査を絞ることも可能なわけです。フルタイムであれば起床後〜会社帰りの間の時間だけでほぼ半日以上は費やすことになるので、この場合、調査時間が非常に少なく済みます。たとえば、1日あたり10万円以下の調査料金で済むこともあるでしょう。

 

特に会社が終わってそう時間も経たずに家に帰ってくるのであればそこからは依頼者本人が監視していればいいわけですし、調査時間はさらに短くなります。もちろん最初から浮気をする暇がないとわかっている日なら調査自体する必要はありませんが、会社帰りの短時間が怪しいと思う場合は安く済むだけに、依頼してみる価値はあるでしょう。

 

安いだけでなく頼りになる探偵にしよう

 

探偵は調査料金が安いことも重要ですが、頼りになるかどうかという点も重要です。なぜならいくら調査料金が安くても肝心の浮気の証拠をつかめなければ依頼目的は達成できないわけですし、調査回数が増えることで結局料金が高額になることも考えられます。頼りになる探偵ならスピーディーに浮気の証拠をつかんできてくれるので、調査料金も最小限に抑えられることが多いです(たとえば原一探偵事務所はその条件を揃えています)。

 

そもそも探偵の調査は相対的に安くても絶対的に安いサービスではないので、調査を依頼しようと思った時点である程度以上の料金を支払うことは覚悟しておいた方がいいでしょう。